えー太の挑戦状!

気になったアレやコレにひたすら挑戦するブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

初心にかえる。ただいま。

おはようございます、えー太です。


今、台湾国語の動画編集をしているところです。
(はやくあげろよ!!)


いや、まじですんません。
っていうか、まず自分に謝れ。
とりあえず、罰として、


来週は2本アップします!!


そして、
ちょっと、
思い悩んでいたのですが、
その答えが先ほど出たので、
今日はちょろっと日記書かせてください。


最近、めっきり動画勢になっていました。
っていうか今もですがね。
というか、今後、
たぶん動画のほうがメインになるかもしれません。


というのも、


名前が売れやすいから。



なんですよ。
ただ、
今回、
このことがきっかけで
悩んでいました。


自分はYOUTUBEが好きです。
ブログやる前からもずっと見てました。
ただ、最近はやはり職業柄(気持ち的にはこれが職業)
YOUTUBERの動画を見ることが多くなってました。
今の日本のYOUTUBE界、
流行っているのはやはり「笑える」動画です。
そういうYOUTUBERが多くなってきているのを見る限り、
間違いないと思います。

そして、

そんなところに入り浸りすぎたせいで、
感覚麻痺を起こしていました。


笑えることしなければ有名になれない。



なんでこう思ったんですかね。
いやーわかんないです。
まぁ、確かに、
何をするにもユーモアが含まれていたほうが、
近寄りやすい、とっかかりやすいですよね。
ただ、それの専門になる必要はないんですよね。


なんで、いろんなことに挑戦するブログをはじめた人間が、
お笑い芸人になろうとしているの?


って話ですよ。大げさにいうとね。

今回、悩む原因となったものの一つに、
禁断ボーイズというYOUTUBERが企画をたてている、
「売名選手権」というのがありました。
内容としては、
面白い動画を禁断ボーイズさんに送り、
面白かったらチャンネル紹介してあげるよ!ってものです。


ここで、一発有名になれば・・・


と野心を燃やしていたわけですが、


何度もいいますが、


色んなことをしたい人間であり、
それを面白く伝えれたらとは思っていますが、
別に笑いに重点を置いてる人間ではありません。


売名したあとに軌道修正すればいいって、
思ったりもしましたが、
なかなかそれも難しいですよ現実。


入賞したとして、
その面白動画で撮ったネタがはやったら、
それを頼りにせざるを得ません。
そんなの、1発屋の芸人見ててもわかりますし、
某アイドルグループ見ててもそれはわかります。
例えば、歌手になりたくて、
とりあえず名前売るためにアイドルはじめてはみたけど、
アイドルとの同時進行のため、
うまく夢を追っかけられず、
しまいには止めたあとも、
そのアイドル名ばかりがいつまでも付きまとい、
「元○○の誰々」
としか、一般世間からは見られず、
なかなか軌道を戻すのに苦労していることでしょう。


なので、
僕がそのオーディションで名前を売っても、
そこでコラボが実現しても、
その印象ばかりに目がいって、
というか、きっと僕自身も、
気が付けば方向性がごっちゃになります。絶対。



禁断ボーイズ自体は大好きです。
毎回見てます。


でも、
彼らのように、
笑い思考の強い方の元で、
羽を開かさせていただいても、
自分の見たい景色を見るためには、
またしばらく飛んでかなきゃいけないでしょう。



ただ、おかしなことに、
「そんなこと言ったって、
面白い動画撮んなきゃ伸びないぞ!!?」
って思ってたんです。
いや、あながち間違いではないんだけどね?
でも、
じゃあペンタトニックスというグループのチャンネル、
1千万人登録者数いますが、
(バケモンかよ!!)
彼らは高度なパフォーマンス集団であり、
コメディアンではありません。
それでも人気にはなれてるんですよね。


昔、
ブログを見られるようになるコツを調べているとき、
3つの方法があるというのを見ました。


1つは、
自分のできないことをする


今回僕はここに重点を置きすぎました。
禁断ボーイズや、
最近みている色んな笑えるYOUTUBERさん方。
とてもじゃないけど、僕にはできないようなことを、
日々していて、
すげーなー!こういうのが伸びてるなー!おれもこうならなきゃいかんのか!
ってなってました。


でも、伸びる方法、まだあるんですよね。
2つも。


2つ目は、
共感できることを書く

まぁ、あんまりYOUTUBE向きではないですが、
ブログなら全然ありなやつです。
思想的なことですね。
同じ悩みや不安、
そういうのを打ち明ければ、
必ず、似たような悩みを持った人が、
ネットでは見つけることができます。
それを見つけられれば、
共有してもらえば、
お互い、気持ちが楽になるでしょう。
悩みじゃなくても、
ものに対する考え方も、
似た人の意見をみると、
ああ、よかった、間違ってないよな、
っていう安心感がうまれたりもします。
こういうのも需要ありますよね。

そして3つ目、
役に立つことを書く

まぁ、生活の知恵ってやつですよ。
なるほどぉ!!な情報をお届けするって意味です。
確かに、この方法は、
笑える必要もないですし、
でも流行の情報ならば、
それでも需要はあるでしょう。


ただ、2も3も微妙に僕の理想とは違います。
が。
2と3を合わせた、



「共感できそうなことの役立つ情報」



これっすよ。
何か趣味がある人、
趣味を探している人との共有
そしてそれに関する情報の提供
おれがしたかったのはまさにこれであり、
それにもしっかり需要ってあります!


ゲームを例にするなら、
「ゲームの攻略サイト」
「ゲームのプレイ動画」
「ゲームレビュー動画」
などなど、
これらのコンテンツを作ることができます。
別にこれらは笑えるコンテンツではありません。
でも、腕があったり、的を射た発言をしていれば、
そのゲームに興味がある人は、
その動画やサイトを見ることでしょう。


それでいいんですよ。


だから、
別に僕は、
ダウンタウンのように笑いはとれはしませんが。
僕の持ってる情報を多少ユーモアも混ぜて言える、
「面白い先生」のような存在になれればいいのです。


隙間産業ですよ隙間産業。


面白YOUTUBERはたくさんいます。
今となっては、
その市場に入るのは難しいでしょう。
なので、
一、視聴者として楽しませていただくこととします。

あの企画、
本当に僕らのような、
下層のものにとってはチャンスでしかありません。
新しい芽が出ること、期待してます。



というわけで、
迷走していたえー太からでした。


初心に帰れる場所(ここ)があってよかったです。

| 日記系 | 10:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://dmoproject.blog.fc2.com/tb.php/264-3279fd11

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。